会のロゴ 

クルマ社会を問い直す会 会則

最終修正日:2001.10.24

第1条(目的)
本会は、必要・適切と思われる種々の活動を通じて、自動車に関する認識の転換を図り、今日のクルマ優先社会を変えることを目的とする。

第2条(会員)
本会の目的に賛同する個人は、会員となることができる。同じく団体は、団体会員となることができる。会員および団体会員は所定の会費を納める。

第3条(活動)
本会は、前記の目的を達成するため、次の各項にかかげる活動を行なう。
(1)全国の自動車問題関連団体との意思疎通、それら 団体の活動の後押し、全国的なネットワークづくり、新たな組織結成の援助。
(2)各地での、あるいは全国組織での改善活動、啓蒙活動、その他の必要な活 動。
(3)関係する諸機関への要求、要望、請願等。
(4)会報の発行。

第4条(総会)
本会は、毎年会員総会を開き、前年度の活動内容を総括し、その後の活動の方針を決める。総会は、会員数の過半数をもって成立する。

第5条(役員)
本会には代表1名、副代表1名、世話人若干名、会計監査2名、および必要に応じて支部長若干名をおく。いずれも任期は1年と し、再選は妨げない。役員は、本会則に記されていない事柄に関して、もしくは本会則に記された不明確な事柄に関して、必要に応じて判断し、後日、会員総会 において承認を得る。代表に事故ある時は、副代表が代表代理を務める。役員の選出は会員の互選による。

第6条(組織)
事務局をおき、必要に応じて全国各地に支部をおく。

第7条(会費)
会員の会費は年額1口2000円、団体会員の会費は同じく1口5000円とする。口数は会員の随意に任せる。

第8条(寄付)
本会は寄付を受けることができる。ただし、寄付先については役員の判断を必要とし、後日、会員総会において承認を得る。

第9条(会計)
年1回、会員に対して会計報告をする。

第10条(改正)
本会則の改正は、会員総会の決議による。

※会則は、『クルマ社会を問い直す会会報 第1号』(1995年7月発行)に掲載され、施行されました。


「クルマ社会を問い直す会」